ホーム  > JINOについて
F06_new

JINOについて

聞こえの課題をゼロにする 

JINO は世界中にある聞こえの課題をゼロにすることを目標に、日々聞こえの課題と向き合っています。 
聞こえの課題にはたくさんの解決方法があります。 JINO はその中からあなたに一番合う方法を一緒にみつけてサポートします。

[JINOの約束]
丁寧なカウンセリング × 最適な選択肢の提示 ×有資格者の調整

JINOが一番大切にしているのはお客様の必要に寄り添うこと
聞こえの課題の解決には、選択できる方法がたくさんあります。
補聴器はその中の一番有名な方法かもしれません。

でも、その使い方や活用のしかたがわからなかったり、本当は自分に必要がなかったら?
その方法が運んできてくれるはずの快適さや楽しさが十分に得られなくなってしまいます。
聞こえの課題を解決するにはまず、ご自分に必要なものをしっかり知って、使いこなすことが大切です。

JINOではお一人お一人にお話をじっくりお伺いしたうえで、
補聴器の専門家として、お客様にとっての聞こえの課題をなくすためにどんな選択肢があるのかを一緒にお探しし、

医療専門家である耳鼻咽喉科の医師、言語聴覚士の先生方と連携の上でしっかりお支えしていきます。

補聴器を使ってみよう!と決心された方には
どんな時にどんな具合だったのかを記入していただくレッスンブックをお渡ししています。
ご希望にお答えするために漏れがないように、
一緒に目標を目指すための交換日記のようなイメージでお使いいただきます!

【JINO】レッスンブック

耳や聞こえについての様々な情報をブログ・SNSでも発信しています。
聞こえない・聞こえ辛いといったお悩みにお役に立てれば嬉しいです。
ご覧いただきご意見ご感想をいただけたら、なお嬉しいです。

補聴器店・補聴器メーカーで様々な仕事に関わって26年間勤務してきました。そんな中で、日に日に一人でも多くの方のお悩みに直接寄り添って改善・解決のお手伝いをしたいという思いが募り、JINOを立ち上げました。
補聴器のことなら誰よりも詳しいという自信があります!なんでもお気軽にご相談ください。

JINO株式会社 
取締役最高執行責任者
認定補聴器技能者
日本補聴器技能者協会 理事
平野幸生

色々な障害を持つ家族がいることから「障害という概念そのものをなくしたい」という思いで補聴器のメーカーに入り10年が経ち、もっとお一人お一人と距離の近いところで改善・解決のお手伝いをしたいと思いJINOを立ち上げました。
耳の聞こえについて、誰に聞いたら良いかわからないとお悩みの方、お気軽にお話をお聞かせください。UDコーディネーター3級(311-2010-002398)、認知症サポーターとして聞こえだけではなく、聞こえと関わる広い知見で一緒に改善・解決策を見つけさせていただけたら嬉しいです。

JINO株式会社
代表取締役社長
郷司智子

取締役最高執行責任者 平野
掲載情報
週刊朝日 2020年3月13日増大号(2020年3月3日発売)

代表取締役社長 郷司
掲載情報
◆インタビュー (ブログ掲載前編後編